2016年08月23日

「信念」を貫く 日本のいい会社

DSC_2124.JPG
















船井財団の企業表彰制度「グレートカンパニーアワード2016」に
医療法人啓和会がノミネートされ、
この度「信念を貫く日本のいい会社」に掲載されました。
グレートカンパニーの要件は、
1持続的成長企業であること、
2熱狂的ファンを持つ、ロイヤリティーの高い企業であること、
3社員と、その家族が誇れる、社員満足度の高い企業であること、
4自社らしさを大切にしたいと思われる、個性的な企業であること、
5世の中に広く大切にしたいと思われる、社会に貢献している企業であること。
そして今回啓和会は「ビジネスモデルの優れたいい会社」にノミネートされました。

<ノミネート理由抜粋>
高齢化比率20%を超える川崎区で、医療、介護など34施設を展開しており、
施設の横連携をともなわない「点」運営ではなく、医療・介護サービスを
ワンストップで提供する「線」運営を行っていることが特長です。
この取り組みは国が提唱する「地域包括ケアシステム」を、
一つの法人によって具現化したケースとして注目を集めています。
国には「医療費削減・慢性期患者の受け入れ」、
地域には「雇用創出と医療の提供」をもたらしており、
人材採用でも海外スタッフの招聘に取り組むなど、
2025年問題に真剣に向き合われている業界でもモデルとなる法人です。
                 船井総合研究所 岡崎 晃平

img-822130300.jpg













☆医療法人 啓和会ホームページ:
http://www.keiwa-kai.or.jp/index.html
☆啓和会メディカル ホームページ
http://www.keiwakai-medical.com/index.html

posted by 医療法人啓和会 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎月が楽しみ!ひのきの家の展示物

P8050007.JPG












ご利用者さんがつくる造作物は、施設ごとの個性が反映されます。
"デイサービスひのきの家啓和”は小規模ならではのチームワークが見事、
いつも素晴らしい出来栄えです。翌月のテーマをみんなで考えて、
まずスタッフが下絵をつくります。切り絵はとても繊細で表情が豊か、
色選びも素晴らしいと思いませんか。次はお月見の可能性大です。

P8050011.JPGP8050013.JPG







ご利用者様の『今やりたい気持ち」を尊重するDSひのきの家の機能訓練プログラム。
向こうのテーブルではカラオケ、手前のテーブルではトランプを愉しんでいます。
また最近、格闘技系のDVD鑑賞会も人気。力道山や千代の富士などの名シーンを
プロジェクターの大スクリーンで観ると盛り上がります。

P8050003.JPG






☆デイサービスひのきの家啓和 ホームページ:
http://www.keiwakai-medical.com/lp/hinoki/index.html

posted by 医療法人啓和会 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

ミャンマー視察

神奈川県保険医協会が出版している「保険医新聞・銷夏特集号」に掲載された
医療法人啓和会・神山重子常務理事の寄稿文を紹介します。

川崎市川崎区 神山重子

ミャンマーは、田園風景の中に金色に輝く寺院パゴダが点在する美しい国である。市場開放に伴い外資系の企業が参入してきているが、インフラ整備が追いつかず、築20年のビルを借りるのに丸の内と大差ない賃料の支払いを要する。街中には新しい建物が不足しており、100年前の英国統治時代の建物がそのまま使用されている。
旧首都ヤンゴンは人口736万人の大都市だが、貨幣価値は日本の10分の1以下、大卒の給与は1カ月1万5千円くらいである。卒業後も仕事がなく、日本語ができると月10万円の収入になるので日本語を勉強している人も多い。識字率が高く、農村の人も合わせて90%以上が字を読める。
敬虔な仏教徒で、街には子供や大人の僧侶が托鉢をしている姿やパゴダと呼ばれる金色の寺院が多くあり、人々が寄進している。
介護に対する考え方は、困っている人のために仕事をすることは功徳を積むことになり、それにより来世でまた人間に生まれ変われると信じ、尊い仕事と認識している。街には貧しい人も多いがバナナやマンゴーの木が自生しており食に困ることはなく、ストリートチルドレンや浮浪者はいない。野良犬、野良猫もえさを貰えるので、のんびりと暮らしている。ぎすぎすしたところがなく全体的にやさしく真面目な国民性である。
ヤンゴンは、建築ラッシュ、人の流入、それに伴う激しい交通渋滞にみまわれ、移動手段が車かバイクしかないため、懐かしい日本や韓国の中古バスが多く輸入されそのまま使われている。
街全体が50年前の日本であり、そして、日本で技術を学びミャンマーの役に立ちたいと考えている若者が多く、20歳でもはっきりとしたビジョンがある。これからの経済成長が期待される反面、発展のもたらす繁栄が人々の心の豊かさを失わせないようにと祈念する。

IMG_1795.JPG










☆神奈川県保険医協会
http://www.iiiryou.com

☆医療法人啓和会 野末整形外科歯科内科 ホームページ
http://www.keiwa-kai.or.jp/index.html


posted by 医療法人啓和会 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする